日本人が愛して止まない温泉旅館について

そこでしか味わえない料理を、あたたかいもてなしで、客に提供してくれる落ち着いた旅館は、どの地方でも人気が止みません。そんな旅館は、リピーターの数も増え続けますから、なかなか予約がとり難くなりますが、それも人気のある証拠ですから、ある意味では、致し方のないことでもあります。いずれにしろ、お正月前後やゴールデンウィークをくつろいで過ごしたければ、偶には、そうした都会から離れた宿で、骨休めもしたいところです。


そして、旅館といえば、日本人なら誰もが、愛して止まない温泉や露天風呂も忘れてはなりませんし、それも大きな楽しみのうちです。鉱泉にのんびり浸った後の、地酒などは、普段お酒をあまり嗜まない人でも、格別です。火山の眠る日本列島には、温泉の名所が、至る場所に確認可能ですので、少し足を伸ばせば、魅惑の別世界に自ら迷い込めます。秋口から新春にかけての季節は、そうした場所にとっても、最良の時期かもしれませんし、


しばし、喧騒を離れて、奥まった場所で、一年の疲れを取り去り、失われかけたエネルギーを蓄えれば、気持ちの上でも、また体の内側からも、新しい活気が、顔を出してきますし、観光地巡りや温泉三昧を、自由にかみ締めて、気分転換をはかることも、人には、なくてはならない行動なのです。それは、今更に始まったことではなく、古くは、江戸時代の昔にも、日本人は、こうした宿を旅の途中で、こよなく愛してきたことも窺えるのです。