雪止め  

     雪止めで落雪被害を防ぐ

雪止めを設置するには

家のメンテナンスを行うことはとても大事な作業です。
家のメンテナンスをしっかり行わなければ、家が劣化してきて様々な不具合を起こす原因になるからです。
家のメンテナンスにもいろいろありますが、屋根のメンテナンスもとても大事になります。
屋根が劣化すると雨漏りを起こすこともあるため、劣化を防ぐためには屋根の修理や劣化を防ぐようにする必要があります。
屋根には雪止めという器具が設置されていますが、この雪止めも大事な器具になります。
どのような器具なのか紹介していきたいと思います。
・雪止めとは
雪止め金具とは名前の通り屋根の上に積もった雪をせき止める金物です。
通常軒先近くに取り付けられています。
ガルバリウム鋼板だけでなく、化粧スレートや陶器瓦、アスファルトシングルにも専用の金具が用意されています。
雪止めの金具があるおかげで雪による被害を抑えることができるため、この雪止め金具は大事な金具です。
雪止め金具には素材にも種類があり、亜鉛鋼板からステンレス製まで様々あります。
100種類ほどの雪止め金具が用意されているので、自分の好きな素材の金具を用意してそれを備付けることもできます。

雪止めと雪


・雪止め金具のメリットとは
雪止め金具があることでいろいろな事故を防ぐことができます。
まずは、人身事故です。
雪止め金具がない場合は、雪に大きな塊の状態で落ちることになり、その大きな雪の塊が人にぶつかれば大きな事故になり、怪我をすることになります。
最悪死亡するケースもあるため、それらの人への被害を防ぐ点でも雪止めはとても大事な役割をしてくれると言えます。
また、雨どいの破損や歪みも抑えることができます。
雪が大きな塊となると、雨どいや歪みが破損して家の屋根の状態が悪くなってしまう原因となってしまいます。
雨どいを守るためにも雪止めの役割はとても大きいです。
また、もし家の下に車などを停めているなら雪が大きいと車を破損してしまう原因にもなります。
雪は軽いと思われがちですが、雪の塊が大きくなると車を破損してしまうほどの力を持つことがあり、車体が凹んだり車の一部が壊れてしまうこともあります。
そのため、雪が多く降る地域では雪止めの設置をしておくことで、雪によるトラブルを防ぐことができます。
家や身の回りのものを守るためにも雪止めを設置することは大事になります。
・設置するには
雪止めを設置するためには、後付け用の雪止めを用意すると良いです。
雪止めが必要になってきたのは最近なので、雪止めが必要になってくるならば後付けできるものを用意して設置に取りかかるのが良い方法だと言えます。
屋根の隙間に雪止めを差し込みます。
しっかり奥まで差し込むことが大事になってくるので、奥まで入れることができるようにグッと押し込んでください。
その後に爪がかかるところまで引きます。
爪に引っかかるようにする事で固定することができます。
雪止めは1つではなくていくつか付ける必要があります。
45cm感覚で前後に取り付けるようにしていく必要があります。
これで雪止めは完成になります。
業者に頼まなくても自分で取り付けることも可能です。
雪による被害を防ぎたいなら雪止めを設置するようにしてください。
ただ、雪止めをしても雪が落ちてきてしまうこともあります。
その理由としては、屋根面積に対して雪止めが足りないことや雪止めを取り付けていても屋根の傾斜が急で雪止めで支えることができない時なのです。
屋根の頂上から雪止めまで距離が長いので、雪止め1段では足りないときもあります。
また、雪止めだけでは対処が不可能な場合もあるので、そのようなときは雪止め用L字型アングルバーを使用して一直線上に雪止めを行うことができます。
通常の雪止めよりも雪を止めることができるので、L字型の雪止めは良いですが、通常の雪止めよりも価格は高くなっています。
効果をよくしたいと思うならばL字型の雪止めの使用も考えることができます。
・もし雪で雨どいが壊れたならば
雪止めを付けるのが遅くて雨どいが壊れてしまっていることもあります。
その場合は修理が必要になりますが、火災保険を利用して雨どいを修理することができます。
火災保険は自然災害で損害保険金を出してくれることがあるので、まずは保険会社に連絡して保険が降りるかどうか確認してみることができます。
保険にそれが含まれているようであれば、保険金を利用して雨どいを修理することができます。
雨どいも屋根には大事な部分となるので、雨どいが壊れてしまったときは保険会社を利用してみるのも良い方法と言えます。
その際は証明写真などを撮って証拠を抑える必要があります。
・まとめ
雪止めは屋根に溜まった雪による被害を防ぐために必要な金具です。
雪止めがあるおかげで人身事故を防ぐことができ、雨どいを守ることもできます。
雪止めは自分で設置することもでき、設置の方法は難しくありません。
雪止めの設置を考えてみてください。